特集バックナンバーへ

パーラー経営支援特集Webプロモーションにどう向き合う!?2019年2月14日(木)

LINE@従量課金制後に絶対活用したいツール

LINE@が昨年11月、2019年春を目処に、5つのビジネスアカウントを「LINE公式アカウント」へ統合することを発表した。それに伴う従量課金制には、パチンコ業界内でネガティブな見解も飛び交っている一方、見直しのチャンスと捉える見解もある。     
そこで本企画では、LINE@の変更点を解説しつつ、株式会社プラスアルファの野島崇範氏へ「次世代のLINE@運用法」を取材。さらにLINE@と併用することでより効果的なWebプロモーションが行えるツールの数々を紹介していく。

繋がったLINE@ユーザーをそのまま手放すのか?
 現在、国内のLINE利用者は約7,800万人(LINE社18年12月期決算資料より)。実に、2人に1人以上が利用している計算だ。その巨大なシェアにパチンコ業界も目を向け、いまやビジネスアカウント「LINE@」を導入していないホールを探す方が至難の業である。
 そんななか同社が昨年11月、公式ブログ上で19年春を目処に、5つあるビジネスアカウントの統合を発表。これを受け、業界内で利用されているLINE@も料金プランが従量課金制に変更。様々なパチンコ業界の有識者から運用の見直しが叫ばれている。
 しかしながら、これまでホールが獲得してきた大切な顧客(友達)を無視することはできない。
 本項では、“LINE@のこれから”にスポットを当てると共に、顧客を活かす“これからのWebプロモーションとどう向き合うか”を探っていただきたい。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年3月22日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年4月号
    • 特集
      シニア人材、 活用のすすめ
    • 巻頭特集
      市場を動かす コンテンツ力
    • 特別インタビュー
      株式会社太平洋クラブ 韓俊 代表取締役社長