特集バックナンバーへ

パチスロ設置比率が拡大する理由2018年6年20日(水)

平均よりも高い新店のパチスロ設置比率

 本誌『月刊グリーンべると』では毎号にわたりホールオープン記事を掲載している。その中で、昨年2017年6月号(5月20日発行)に掲載した4店舗合算3,935台のパチンコ・パチスロ設置内訳と、今年2018年6月号(同)に掲載した3店舗合算980台に占める内訳を比較した場合、新店(リニューアル店)のPS比率はこの1年でどのように変化しているのか。
 結果は、1年前から約5%増減でシフトしていたことがわかった。パチンコは61.0%から56.1%に減少。パチスロは39.0%から43.9%に上昇した。
 ちなみに既存店を含めた直近の平均内訳はパチンコ61.9%、パチスロ38.1%(本誌調べ)。今年6月号掲載の新店(リニューアル店)に比べ約6p押し戻されることが確認された。
 パチスロに対する新店の一段高いモチベーションは一体どこからくるのだろうか?

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年10月16日(火)のイベント

  • 三洋物産 パチンコ新機種『CRクジラッキー』内覧会/東京支店

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2018年10月号
  • 巻頭特集
    設定付、 遂に始動!
  • 導入直前企画・6号機徹底解剖
    業界注目の6号機ATがついに市場投入 5.9号機との違いやゲーム性を徹底解説
  • パーラー経営支援特集
    ポジティブ視点で「コスト削減」を考える