特集バックナンバーへ

「シンフォギア」「天龍」と増台が連続 パチスロではロングRTの「コードギアスC.C.」が注目規則改正後のマーケットに新たなトレンド!2018年3年20日(火)

 TS199のライトタイプの伸びが目立っている。とくに『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』が存在感を示し、増台ラッシュが続いている。増台といえばアナログ抽選タイプの『CR天龍∞7000VS』もそうだ。玉の動きを軸とするシンプルなゲーム性ながら、じわじわと支持層を広げている。一方、パチスロではロングRTタイプが好調だ。規則改正後のマーケットの新たなトレンドに目が離せない情勢だ。

急速に高まるライトタイプへの機運

 『シンフォギア』が昨年8月の登場からじわじわと存在感を示し、マーケットは増台モチベーションに沸き返っている。
 シンフォギアは1種+2種タイプで、昨年6月に発表され、出玉システムが話題となった『吉宗』と同じタイプだ。
 今回の『シンフォギア』のヒットの一因として、とくに高継続ループが期待できるラッシュゾーンへの突入演出が高く評価される。
 また「TS199」のライトスペックとのマッチングも支持獲得に大きく寄与した。現役最高クラスの「TS319」ミドルではなく、ライトスペックとの組み合わせが、1種+2種タイプの最大の魅力であるラッシュとの距離を縮め、体感のしやすさを印象づけたとみられる。ライトタイプへの機運が急速に高まっている。
 『天龍∞』にも追加オーダーが続出し、増台するホールが目立ってきた。
 天龍は液晶の搭載のない玉の動きを楽しむシンプルかつ伝統的なゲーム性が特長。1段目、2段目のクルーンを突破し、3段目のV入賞で大当たりとなるゲーム性がヒットしている。2月1日の改正規則施行後のパチンコ市場では従来脇役だったカテゴリーの機械に増台が立て続けに起こっている。

パチスロではロングRTに手応え

 パチスロにも新たなトレンドが芽をのぞかせている。ことし年明けにリリースされた『コードギアスC.C.』だ。ビッグボーナス後に必ず突入する150GのロングRTが特長で、ホール側にはロングRTにより稼動が伸びるメリットを、ファンには比較的軽い初当たりに加えたプラスαの楽しみを提供する。
 ちなみにRT中の引き戻し率は約53%と、次のボーナスへの期待感をつなぐゲーム性も支持される理由のひとつになっているようだ。
 ロングRTのラインナップ強化も視野に入れたいところだ。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月12日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」