ニュースバックナンバーへ

仮面ライダー、ゲッターロボが直営店デビュー2018年9月21日(金)

4円パチンコに17台、1円パチンコに3台を導入した『仮面ライダー』は満台スタートと好調な滑り出しを見せた。

 京楽産業.は9月21日、京楽直営の《サンシャインKYORAKU栄》でパチンコ新機種『ぱちんこ仮面ライダーフルスロットル 闇のバトルver.』ならび、パチスロ新機種『ぱちスロ ゲッターロボ』のフィールドテストを行った。

 『仮面ライダー』は現在、パチンコ市場でトレンドとなっている1種2種混合タイプ。時短と残保留によって高継続に期待が持てるゲーム性ながら、右打ち中の大当たりの50%が最大ラウンドを獲得できるなど、出玉性能も持ち合わせたスペックが特長だ。

 同店では4円パチンコに17台、1円パチンコに3台の計20台を導入。開店間もなくして島は満台になり、中には早速大当たりを射止めるファンも現れた。右打ちモード「バトルタイム」に突入したファンは1種2種混合タイプならではの爽快感のある展開と、同機の出玉ポテンシャルの高さにご満悦の様子だった。

 20円パチスロに5台導入した『ゲッターロボ』も満台スタートと大盛況。同社初のAタイプとしても高い注目を集めていただけに、順調なスタートを決めた。同機の導入は現在のところ同店と、同じく京楽直営店の《サンシャインKYORAKU平針》の2店舗のみ。大きな注目を集めそうだ。

 同店の中村稔店長は「『仮面ライダー』は1種2種混合タイプで、出玉力もあるため沢山のお客様に遊技していただけると思っています。『ゲッターロボ』に関してもAタイプですが、ボーナス合算確率が高いので楽しんでいただけると思います。『仮面ライダー』に関してはこの後全国導入も控えているので、是非多くの方に遊技していただければと思います」と述べた。

 『仮面ライダー』は10月1日より全国導入予定、『ゲッターロボ』は全国導入日は今のところ未定としている。

(C)石森プロ・東映
(C)KYORAKU
(C)永井豪・石川賢/ダイナミック企画
(C)1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
(C)KYORAKU

  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年10月20日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年11月号
    • 巻頭特集
      6号機時代、開幕!
    • 特集
      働き方改革関連法が改正
    • Report
      設定付きパチンコの出玉推移、多くのホールが甘め運用