ニュースバックナンバーへ

プローバグループが施設開放し地域交流2017年12月14日(木)

フィエラディプローバで開催された『ふれあいフェスティバル2017』。

 広島県を中心にパチンコやゲームセンターなどを展開するプローバグループは12月4日、県内の共同作業所で働く人たちを招待し、『ふれあいフェスティバル2017』を全日本アミューズメント施設営業者協会連合会広島県本部と共催した。

 地域貢献の一環として同グループが平成8年から行っているイベント。

 きょうされん広島支部傘下の作業所で働く障害のある人たちを、同グループが経営するフィエラディプローバに招待し、普段あまり触れる機会の少ないボウリングやカラオケ、パチンコ、ゲーム機での遊技体験や、人と人とのふれあい、交流を楽しんでもらうもので、今回は引率者を含む98名を招待した。また、車イスを共同作業所に寄贈した。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月13日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」