ニュースバックナンバーへ

ベガスベガスがベトナムにカジノをオープン2017年12月13日(水)

「ハリウッドワン ゲーミングクラブ ハロンベイ」外観イメージ。

 北海道や山形を中心に《ベガスベガス》を展開する株式会社ベガスベガスは12月11日、ベトナム北部のリゾート地ハロン市にカジノをオープンすると発表した。

 店名は「ハリウッドワン ゲーミングクラブ ハロンベイ」。ハロン市にある高級ホテル「ムオンタンラグジュアリークアンニンホテル」(508室)の1階と2階スペースに、ルーレット、バカラ、スロットなどを設置して、12月16日に開業する。店舗面積は2フロア合計で約3,200㎡。定休日は無く、24時間営業。

 同社の海外事業部は「当社では2014年にシンガポール支社を設立して以降、世界から日本を見た時に、『日本の接客力の強さ』を改めて感じ、世界中にニーズがあると考えました。また、人口減少問題でマーケットが縮小していく背景もあり、事業発展のために海外へ更なる展開をしていくことも必要であると感じ、今後経済的発展が見込まれるベトナムへの進出に至りました」としている。

 同社では日本のパチンコホール事業で培った接客術を同カジノでも活かそうと現地スタッフに3日間の接客研修会を実施。カジノ開業後はおもてなしの心を持った接客で競合店との差別化を図る考えだ。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年12月13日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年12月号
    • 巻頭特集
      厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
    • 特集
      ホールの動画活用
    • Special Report
      アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」