ニュースバックナンバーへ

中国遊商、暴追を訴える街頭パレードに参加2017年12月11日(月)

昨年に引き続きの参加となった中国遊商。パレードで暴力団排除を強く訴えた。

 全商協所属の中国遊技機商業協同組合(松原陽輔理事長)は12月1日、広島市中区県民文化センターで開催された、広島市暴力追放監視防犯連合会主催の「暴力追放・明るい街づくり総決起大会・街頭パレード」に参加した。

 当日は同組合から理事長以下組合員等が53名が参加。また、建設業や飲食業、遊技業などの団体から約800名が参加し、暴力追放・総決起大会を行った。大会終了後には街頭パレードが行われ、小学生のマーチングバンドとバトン部を先頭に、「暴力団に負けないぞ」、「暴力団に金を出さないぞ」などのシュプレヒコールをしながら商店街約1キロを練り歩いた。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2018年1月17日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2018年1月号
    • 巻頭グラビア&インタビュー
      未来に向けて発信されるエンタテインメント空間
    • 巻頭特集
      問われるパチンコホールの真の価値
    • 特集
      地域と歩む 〜地域に寄り添い、愛される企業へ〜