ニュースバックナンバーへ

『CR麻王DX』にちょいパチスペック登場2017年5月25日(木)

『ちょいパチ 麻王DX 39』

西陣は5月22日、『CR麻王DX』の追加スペックとして『ちょいパチ 麻王DX
39』を発表した。

 同機は1993年に登場した同社の液晶画面搭載デジパチ第1弾「麻王」の後継機。今回はホールに導入済みの先行機をより遊びやすくしたちょいパチ仕様。

 スペックは大当り確率1/39.99(高確率時1/10.38)のV確ST機。確変割合はヘソ2%、電チュー100%。電サポはヘソでの初当り時、通常当選の場合は6回転、その他の確変当選時は40回転(ST10回転+時短30回転)。大当りラウンドの振り分けはヘソ入賞時が7R確変2%、6R通常98%。電チュー入賞時15R確変5%、麻王チャンス(1Ror15R)5%、ランクアップボーナス(6Ror8Ror10Ror15R)10%、5R確変80%。大当り出玉は1R(払出値36個)~15R(同540個)で賞球は5&1&3&6。

 先行機同様に初当りからのST突入率は若干低めだが、ちょいパチスペックらしい当たりやすさとST突入後の連チャンが魅力の同機。納品は7月17日からを予定している。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年10月17日(火)のイベント

  • アミュゼクスセミナー
    13:00~17:00/三田NNホール

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年10月号
  • 巻頭特集
    “持ち玉遊技タイプ”へ高まる ファンのモチベーション
  • 特集
    解説!「規則改正」
  • Report
    被災地・南三陸町の子ども達に笑顔を届ける