ニュースバックナンバーへ

小規模事業者の業況感が大幅に悪化2015年8月3日(月)

 エンタテインメントビジネス総合研究所は第61回パチンコ景気動向指数(DI)の調査結果を発表した。

 パチンコ景気動向指数(DI)は調査対象の企業から「良い」「さほど良くない」「悪い」などの選択肢で答えられる景気局面に関する質問を行い、「良い」の回答構成比から「悪い」の回答構成比を引いて算出する。今回は6月17日から7月1日にかけ調査を実施し、51企業、79地域から回答を得た。

 全般的状況はマイナス43.4で、前回調査に比べ22.3ポイント落ち込んだ。これを事業別に見ると、小規模事業者(1~3店舗)がマイナス71.4(前回比18.1ポイント悪化)となっており、特に落ち込みが目立つ。なお、中規模事業者(4~10店舗)はマイナス35.3(同4.3ポイント悪化)、大規模事業者(11店舗以上)はマイナス33.3(同7.0ポイント悪化)となっている。

 稼働状況に関するDI値は全ての遊技料金で悪化しており、前回調査ではかろうじてプラスを保っていた低貸玉、低貸メダルもマイナスに転じた。

 また、今回の調査ではトレンドウォッチとして「遊技機性能検査」についても聞いている。同調査の影響については、業界全体として見ると「長期的には射幸性が抑えられ稼働増に繋がる」などと肯定的に捉える意見と、「これまでの営業形態が否定され死活問題」と悲観する意見が拮抗。ただし短期的に見ると「現行の遊技機を入れ替える負担が大きい」「参加人口の減少が懸念される」などと悪影響を懸念する声の方が多かった。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月15日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年12月号
    • 巻頭特集
      いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
    • 特集
      実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
    • 特集
      “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状