ニュースバックナンバーへ

人気出店エリアや出店成功事例などを分析2014年9月12日(金)

ホール企業の店舗開発担当者らが参加した。

 パチンコ物件ドットコムを運営するシーズンとコンサルティング会社のNSPドクターは9月11日、パチンコホールの新規出店に関する研究会「HotSpot研究会」の公開無料セミナーを都内で共催した。講師は同研究会メンバーが務め、新規出店に意欲的なホール企業の店舗開発担当者らが参加した。

 セミナーでは、近年出店が相次いでいる首都圏エリアとして、神奈川県の関内・伊勢崎エリアと鶴見エリア、東京都の蒲田エリアを紹介。各エリアの特長やホールの稼働状況などをもとに、今後の出店エリアとしての「あり・なし」などを分析した。

 また全国にチェーン展開を仕掛けるマルハンとダイナムの出店状況を比較し、両社の過去2年間の出店傾向や出店コストの考え方、今後出店が想定されるエリアなどを解説した。

 さらに、首都圏ではこれまで敬遠されがちだった駅前からやや離れた準郊外の立地に対して、駐車場の充足率などで成功に導けるとし、そのモデル店舗などを紹介。その他、駅の利用者数に対し遊技台数の少ない駅などを提案した。

 同研究会では「敷地面積や賃料など希望通りの物件がなかなか出ない中、より攻撃的な出店が必要」とし、出店に対する判断基準や収益シミュレーションの重要性などをアドバイスした。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年7月22日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年8月号
    • 特集
      警察庁「規則改正案」
    • 巻頭特集
      浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
    • 行政講話
      警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長